まだまだはまだ

ただただ溢れ出す思いをぶつけているだけの日記。

いちねん。

わたしごとながら、はまだくんの沼、そしてジャニーズWESTの沼に引きずり込まれてから約1年が経った。仕事中に、あぁもう1年かぁなんてぼんやり考えてたから(仕事しろ)ちょっとブログをぽちぽちしてみたところです。

ワクワク学校で初めて彼らをみて『いい子達だなぁ』と思って数ヶ月後、わたしは何故か人生は素晴らしいとパリピポのDVDを購入していた。ここから沼に引きずり込まれるとは知らずに…。

8月購入してからほぼ毎日のようにパリピポを観まくった。何回も何回も再生した。パリピポは見れば見るほど好きになり沼に堕ち這い上がることさえ難しくなるスルメコンサートだった。そしてわたしは『この子達を応援したい、コンサートに行ってみたい』と思うようになった。

ジャニーズWESTを知るたびにいろんな過去のことも知っていった。キラキラしている笑顔の裏に隠されたいろんな気持ち。だから応援したいって思ったのはまぎれもない事実だ。そして、何事にも全力投球で一生懸命な7人がわたしの目にはとてつもなく輝いて見えて背中を押してあげたくなったなぁ、とか。ハイスペックな7人がかっこよすぎてもっといろんな彼らをみたい!ってそんなこと思っていたらもうこんなにも彼らの虜になっていた。そこから1年。早い、とてつもなく早い。

はまだくんを担当にしよう!と決めてはまだくんをみていたわけではなかった。ただやっぱりワクワク学校の印象が強かったのは確か(笑)あとはほんとにわからない、自分でもわからないけど目が離せなくなっていた。思い返してみれば、初めてカラオケでWESTのPVを観た時、はまちゃんカッコいいってずっと言ってたり、友達から『はまちゃんはファンサやばいよ』と聞かされて『ほえ〜』と気になり、彼のことを調べて誕生日さほど近くないのになんか嬉しくなって好きになってた…というなんとも理由のない理由だった。あれからはまだくんを1年見てきた。知らなかったはまだくんを知っていった。今ではどんな時もはまだくんから目が離せないし、一瞬のはまだくんも見ていたいし見つけたいくらい重い応援の仕方してるようになってしまったなと思う。歌うはまだくんも演技するはまだくんもダンスしてるところも情けないところもかっこいいところ可愛いところもぜんぶぜんぶ、見逃したくなくて、見守りたくて、応援したくて、はまだくんの沼は深いなと改めて実感している。

一年の間にいろんなことがあった。初ドーム、わたしにとって初めてのツアー、はまだくんの舞台挨拶、大運動会、アルバム発売、DVDの発売、シングルの発売、のぞむの主演映画決定…その他たくさんのお仕事。何もかも初めて経験することがたくさんで、どのお仕事が決まってもやっぱり嬉しくてドキドキした。

歌番組で初めて個人的に悔しい思いをしたり、デビューして間もないひとたちを応援するのは初めてだからこんな気持ちも初めてで、もやもやすることもやっぱりあったりもした。

大運動会で、WESTが歌う時、出番の時、全力で応援して歌を彼らを盛り上げる楽しさも味わった。一緒に入った藤井担と全力で声出して踊ったええじゃないか。すごく楽しかったし、彼らを応援する楽しさをまた実感した。

初ドームでいろんな気持ちになりながら大号泣して笑って初めてのコンサートだったあの時を全力で楽しんだことや、ツアーでいろんなところに行きいろんな彼らの表情をみて楽しんだこと。

わたしは本当にいま幸せだって言える。彼らを応援していて、楽しい!幸せだ!って大きい声で言える。それくらいファンでよかったと心からおもう。

ツイッターのアカウントを作るか迷ったこともあったけど、今では心地よくてかなりのつい廃だし、いろんな人たちと繋がることができた。ロケ地巡ったり遊んだり、コンサート一緒に入ったり電話したり…ここに居なかったら絶対に会ってもない人たちと繋がることができたこともやっぱり楽しくて仕方ない。

いまのわたしが幸せなのはジャニーズWESTのお陰だってつくづく思っている。

きっと今からの1年も早いんだろうな。今ある、一瞬一瞬が本当は大事な時間だからもっともっと大事にしていこうとおもう。今、周りにいる大切な人たちと目一杯応援していきたい。

 

これからもどうかよろしくね

 

(重くなってごめんね(笑))

f:id:aoo3104:20170820165508j:image

なうぇすとを振り返って。

なうぇすとツアーが5月で終了しましたね

本当に本当にお疲れ様でした!!!!!!

と、ここでツアーを振り返ってみようと思います。

 

アルバム『なうぇすと』が発売された昨年から、1月からスタートしたツアー。昨年は行かなかった静岡や北海道もツアーで回ってくれてたくさんの公演数ライブをしてくれた7人。本当にありがとうございました。感謝感謝です。

 

わたしにとって初めてのツアー。そしてアリーナ規模のライブに入ることも初めてでした。横浜アリーナに入って席に座ったあの瞬間をきっとずっと忘れないと思う。すごく近くてびっくりしたあの瞬間。ほんとにアリーナってこんな狭いんだ…って腰を抜かしたな〜〜。

今回のツアーが始まるまで、アルバムが発売され、24コンが開催され、と怒涛の日々を送ってからのツアーだったなぁ。近未来のようなOP映像から始まり、7人のシルエットが映し出されたあの瞬間。パリマニのイントロと、神ちゃんの力強い声。あのOPでどれだけトリハダだったんだろう…何回聴いてもテンション上がるし、7人の目が、すごいんだよね。お前ら覚悟しとけよっていう、これから俺らの世界に連れて行くぞっていう、ギラギラした目と自信に満ち溢れたあの目にわたしは何度もやられた。

Unlimited。アルバムの一曲目の曲。最初の印象は、明るい曲だなぁ。って。空が抜けたところで歌ってそうだなぁって。センステに集まった7人、そしてしげちゃんのソロからスタートするこの曲。そして照史、淳太、のぞむ。流星さん神ちゃんのラップ、そしてはまだくんのソロパート…これからのこのコンサートを表しているかのように、7人を表しているかのようにキラキラしている曲調に乗せた歌詞がすごく素敵で。はまだくんのソロの歌詞をはまだくんに歌わせてくれてありがとうすぎて何とも言えない。『憧れてきた夢のステージに きっと辿り着けるさ』。この歌詞をキラキラの笑顔で歌うはまだくんは最高に大好きなはまだくんだった。毎回毎回みても、誇らしげにそして楽しそうにこのソロを歌うはまだくんは最高に輝いてたなぁ。

そして、盛り上がる曲まで持っていってからの挨拶。挨拶が終わり、King of chance。ここでこの曲をいれて、タキシードみたいな服装に身を包んだ彼らと、更に神ちゃんのトランペット。私事だけど、高校のときトランペット吹いてて、更に初心者で始めてたことを思い出して神ちゃんのことずーっと見つめていた。回数を重ねるごとに、ツアー重ねるごとに、どんどんどんどん上手くなる神ちゃん。最初は頑張って音を出そうとしていたのに、重ねるごとに音に余裕が生まれて、温かくて厚い音になっていく神ちゃんのトランペットの音色。数ヶ月前から練習を始めたとは思えないほど最初上手くて、すごいなぁって思いながら神ちゃんのこと応援してた。初日、あかんかった〜っていう神ちゃんに対して『楽屋でもずっと練習しとった』ってみんながケータリングしててもトイレ行っててもずっと音が鳴ってたって言っていたしげちゃん…神ちゃんが吹けなくて他の曲でテンション上げていたりした時もあったなぁ、きっときっと悔しかった事たくさんあったと思うけど、だんだん自信に満ち溢れていく神ちゃんの頑張りや努力がすごくかっこよくて、子を見る目で見守っていたなぁ。そして、この時のはまだくんや、メンバー。神ちゃんのことジーって見つめてたんだよね。神ちゃんが上手く吹けるとテンションハイになってるはまだくんが可愛くて可愛くて。自分のことのように喜んでる彼がすごく好きだったしそんなはまかみを見て泣きそうになったなぁ。そして心配そうに後ろから見つめるしげちゃんが映ったり。ほんとにほんとにトランペットの演奏お疲れ様!!すっごくかっこよかった。そしてこの曲が一段と好きになった。

そして、ゆあまい、チョーエクへと続くダンスナンバー。ジャニーズWESTが強みとする魅力とするダンスナンバーを、かっこよくそして妖艶に踊り抜ける7人はほんとにほんとにほんとにかっこいい!!!!いつもわちゃわちゃしていたりお祭りソングのような歌を歌ったりしてるし、関西だからうるさいって思われがちだけどそうじゃないんだよね。しげちゃんが24コンのインタビューで言っていた『ダンスパートは絶対に崩しちゃいけない』って言葉。だから彼らはマジでかっこいい。だから他でちょけて面白い彼らがいる。ジャニーズWESTのその魅力に堕ちる。堕ちた。またさらに堕ちました。 

ここで、アクセントダンスや、かぶり物をかぶりミニバイクに乗ったり…とわちゃわちゃしながらもかっこいいWESTを堪能しMCに続いていく。

それぞれのシャッフルユニットになるんだけど、可愛らしくチャーミングな無鉄砲ボーイ。マネキンにカメラをつけ私たちがマネキンになったかのような目線にさせてくれて彼らがチューやら抱きしめたりやら…素敵な発想ありがとうございました…照 。

そしてはまこたによる雪に願いを。アルバムを手にした時からこのふたりの切ない切ない歌声にやられていたんだけど、蓋を開けたら2人のギターの弾き語り。向かい合って歌うはまこたにうぅってなったのを今でも思い出す。何より感じたのは2人の空気。ギターが初めてで一生懸命に歌い弾くのぞむと、余裕があってのぞむのことを気にしながら弾き語るはまだくん。このふたりの空気の差がわたしの中で兄弟感をすごく表していて、すごくはまこたで、すごくキュンキュンした。ふたりの甘く切ない歌声とギターが最高にマッチしていたなぁ。

わたしが一番一番、心を射抜かれた、りゅかみのI got the FLOW 。これにやられました。いつもやられてるし2人のギャップなんて知っているのに、このふたりヤバイなって。もうほんとに語彙力皆無で申し訳ない。二人の世界観を存分に堪能することができたここでのユニットステージは最高だった。ギラギラして、かっこよくて、オラオラしていて。踊り方も歩き方もノリ方も。全てがいつもと違って見えて、りゅかみの世界は本当にYABAIZO。あのふたりにしか出せない空気を出していて、最高にかっこよくて、最高にギャップにやられたそんなユニットステージだった。

そして、Believer 、one chance。メドレーへと続き、最後の曲はKIZUNA。最後の最後でグッとくる曲をもってくるWESTはズルいな。応援ソングをもってきてくれるWEST。力強いはまだくんのフェイクで終わるこの曲は力強く明日からまた頑張ろうって思わせてくれて、グッときた。

そしてアンコールで歌ってくれた覚悟しろよsummer。最後の歌詞に『Forever 忘れない どこか寂しい気持ち いつかこの日を振り返ったなら 思い出すのさ がむしゃらな日々こそが宝 summer』。公演が終わるのは寂しいけど、忘れないよって。この日を思い出したら振り返ったら宝物だよって言われている気がしてすごくジーンってしたし、この歌がすごくマッチしすぎて広島公演はほんとに泣きそうになった。

振り返ると色々な公演があり、彼らももちろん色々な表情をしていた。MCでサンチェさんのこと話しすぎて腹抱えてたり、ステージの不具合が起こってみんなで目配せしていたり、スタッフさんとコンタクトを取る仕事人照史。アリトロの一部を破損するしげちゃんや、挨拶のクセが強かったりゅせさん、途中から壊れ出す神ちゃんのテンション。だんだん痩せて細くなるのぞむや、全力でダンスして疲れてるはまだくん、奥さん芸で照れる淳太…いろんな表情があって、すごく楽しかった。結成日を迎えた宮城公演もあったしすごく長いようであっという間のなうぇすとツアーでしたね。彼らの“今”がたくさん詰まった今回のツアー。すごく楽しませてもらって、ドキドキさせてもらって、そしつてやっぱりWESTのライブはほんっっっとに楽しい!!!!本当にお疲れ様でした。ありがとう!!WESTのファンを想う溢れる想い最高に大好きじゃ〜〜!!

そしてはまだくん。はまだくんを好きになってから、はまだくん〜〜ってなることが多くなった。ライブ中はまだくんだけしか見えなくなってずっと追うことが楽しくなって。その度色んなはまだくんを見ることができた気がする。アクロバット出してきたり、ダンスしてるかっこいいところ。全力で歌って走って全力で楽しむから疲れてたり、挨拶で意味不明なこと言ってたり。キラキラして最高に素敵な笑顔をみせていたり。その度色んな思いをした。情けないけど、はまだくんにイライラして楽しめなかった公演もあるし自分の気持ち次第なのに楽しめなかった自分にイライラしたあの時。ファンサをもらったあの時。嫌な気持ちだってしたし、もちろん幸せになった時もあった。でもやっぱり最後に思うのははまだくんが好きだなぁって。あ〜〜この人のことほんとに好きだって。変わらない気持ちでいられるんだよね。そして、自分の気持ちの変化も改めて考え直してみないといけないなぁって思って気づくことができた気がする。そんな、初ツアーにすることができました。いろーんな想い全てひっくるめてわたしの大事な大事な思い出だなぁ。本当にありがとうはまだくん。最高かっこよくて最高かわいかったよ!!!!

 

 9箇所31公演による 【2017 LIVEツアー なうぇすと】本当に本当に最高の宝物ありがとう!!!本当に本当にお疲れ様でした!!!

 

2017/05/21

またね

f:id:aoo3104:20161231175149j:image

2016年は私にとって転機だった気がする。あの時、ワクワクのチケットを諦めていたら、今回のワクワクの助手がWESTじゃなかったら、わたしはここにはいない。もっと言うと、仕事を辞めていなかったらわたしはイブとクリスマスに京セラドームにはいなくて、こんな気持ちにもなっていなかったかもしれない。点と点を繋いで行くと、ちゃんと線になって、今のわたしがあると思うと、なんだか、不思議だし、今のわたしがここにいることに本当に奇跡を感じる。

さて、本題に入ろうかな。わたしはこの6年間、嵐を応援してきました。まだまだ何も分からなかった中学生の頃からかっこいいなぁ、ただそれだけの理由で嵐を応援してきて、段々歳をとるにつれ、いろんな感情を持って応援するようになりました。色んなことを知ったし、色んな思いもした。コンサートに行けなくて泣いたこともあったし、辛い思いをしながらグッズの物販をしたこともあった。今考えると長いようで短い6年間だったと思う。

嵐という存在はわたしの中でもう、元気の源だったし、生活の中にいて当たり前で、テレビでも見ない日がないくらいで、毎日音楽を聴いていたし、沸いていたし、楽しかった。初めて行った国立のライブの景色や歓声、風とか暑さとか忘れない。どんなに辛い時も、嵐の曲に助けられたし、言葉に助けられてきた。だから本当はとっても感謝をしているんだけど、ここ最近はその生活も疲れてきていたんだよね、きっと。

テレビに出てくれてるから追うのも大変だったり、取り巻く環境の違いさに戸惑いを感じたり、嵐を出しておけばいいという面白くもない番組があったり、会いたい時に会うことができない、唯一会える場所であるコンサートに行けない。私はファンの中でいう新規という存在だからあまり大きいことは言えないけど、追いつきたくても、どんどん前に進んでしまう嵐に追いつけなくなっていた。どんどん大きくなる嵐に良かったねぇってなっていたけど、気持ちが追いつけなくなっていた。そんな時に出会ったのがWESTだった。

まぁ、まとめると、これからは嵐のこと遠くから見守ろうかなっていうこと。もう、遠くから遠くから見守るよ。わたしの性格上、2つのものを同じだけ愛することができないなって、思うんです。だったら1つのものに目一杯の愛情を注ぎたいなって思ったんです。だから1月からはWESTちゃんのことを目一杯目一杯愛することにしました。

わたしが好きになった嵐はキラキラしてかっこよくてかわいくて、一生懸命で。仲が良いってだけじゃ表せない絆もあった。憧れだったし、目標だった。ここ最近の嵐のこと何も分からないけど、昔のこと思い出しながら変わらずにいてほしいな、って言うのが最後の本音です。ファンの人から見て、ああやって思われたと言うことは変わってるところが少なからずあるっていうことなんだよ。本人たちがいくら変わってないよって言っても、ファンが1人でも感じてしまったらそれは変わってしまったのかもよ。そこは気づいた方がいいのかもしれない。まぁ見方はそれぞれだし、わたしは色んなことを思ったとしてもたぶん、嵐のことをずっと応援するよ。夢をたくさん見させてくれた嵐のことが大切だし、感謝しかないから。

こんな日が来るとは思ってもいなかった。あの時は。ずっとずっと、おばさんになっても嵐は一番で、超えるものないってずっと思ってたから。でも、大きくなるのがやっぱり辛かったんだよね、ごめんね。でも離れるものは追わずの彼らだから、ね、潔くさようならをします。

そして大野さん。わたしはあなたに出会ってとてもとても幸せだったなぁ。多彩にあふれたさとしを見るのが楽しくて仕方がなかった。わたしには無いものをたくさん持っているさとしを見るのが楽しくて、憧れで、やっぱり目標だった。誰からも好かれるし、優しすぎるくらい優しいあなたの言葉とかエピソードに、辛い時よく救われてたし泣いてた。今年、個展に行けたこと、本当に本当に嬉しかった。さとしの独特な作品や、細かい絵、色んな感情が入った作品。そして、大阪で見ることができた自画像。全部全部わたしの記憶の中に焼き付けて、全部全部わたしの宝物です。あなたの優しい歌声に何度心が震えたかな、あなたのダンスにどれだけ魅了されたんだろう。何度考えても数え切れないほど、幸せにしてもらったし、たくさん救われた。本当にありがとう。

嵐を好きだった、たったの6年間。わたしの中でも、たくさんの気持ちの変化があったし、生活の変化もあった。もちろん楽しいことばかりじゃなかったし、辛いことも大変なこともたくさんあった。どんな時もそばに嵐がいて、嵐にパワーをもらってきて、幸せな6年間を過ごせたと思う。この6年間が無かったら、いま、わたしはここにはいませんってくらい支えられました。本当にありがとう。

これからは危なっかしいけどガムシャラに頑張る可愛い可愛い7人組のこと、支えてあげようと思います。支えてもらってばかりだけど、あの子達の涙はもう見たくないし笑顔を見たい、夢のその先の夢も一緒に見ていきたいから、あの子たちの道しるべになれるように歩く道を照らしてあげたいと思う。

12月ももう終わる、2016年ももう終わる、この大切な日に、決意表明のように書いておこうと思って書きました。もやもやしながら応援してたけど、クリスマスに入ってからやっと決めて、やっと書けました。

本当に本当にありがとう。

たくさんの幸せと元気をありがとう!

これからも5人らしく頑張るんだよ。

またね!

2016.12.31

 

 

君たちの夢の世界へ

 

f:id:aoo3104:20161228005047j:image

わたしがWESTを好きになって1ヶ月、9月27日に1stドームライブの発表があったあの日。ドキドキの気持ちと当たるのかという不安を抱えながらホテルだけは予約したあの日の朝を今でも忘れないなぁ。まだまだファンになりたてなのに、さみしいとか余計なこと考えてたわたしもいたし、不安になってたわたしもいた。

そして、当落の日、ひっさしぶりにみた"当選"の文字。もう震えて、手の色も悪くなって←ドキドキした。24日は惜しくも落選だったけど、素敵な運の巡り合わせで素敵な人に同行させていただくことになって、こんなに恵まれてもいいのかと何度も思ったし、幸せすぎて感謝しかできなかった。

当たったあの日からなかなか実感もわかず、日が近づいても、ホテルに着いても実感もわかず、どうなることかと思ったけど、当日京セラドームを見たときに涙が溢れそうになった24日の朝。グッズ列に並びながらフォロワーさんを見つけて手を振りあった寒い寒い朝。今でも思い出すとなんだか泣きそう(笑)

初日、ドームに入ったとき、ステージを見て、やっと実感が湧いた。周りを見渡すと席が目一杯埋まった京セラドーム。初日も25日両部も、始まる前にええじゃないかの音楽が流れたら、誰が言ったわけでもないのにドームにいるファンが雪だるまのペンライトを片手にええじゃないかを歌って、振り付けを踊って、そんな一体感にとても感動した。

開演の瞬間、照明が落ちたあの瞬間。ドキドキと興奮と。かわいいOP映像から白い幕が降りて、そこに、一番会いたかった、7人が、そこにいた。言いたかった叫びたかった『ええじゃないかーーー!』からスタートした1stドームライブ。盛り上がる曲からスタートして進んでいくライブ。最初の挨拶から照史は泣きそうになって、会場を見渡していたなぁ。その顔がなんとも優しくて、たまらなかった。7人の目にはどんな景色だったんだろうか、きっときっと、綺麗な景色だったんだろうなぁ。わたしの席からでもあれだけ綺麗だったんだもの。『僕たちの夢へようこそーーー!』って叫んだ濵田くんを見てなんだか鳥肌が立ったんだよ。

バラードの曲が終わった後は、Jr.の頃の映像が流れてJr.メドレー。わたしは正直、何も分からなかった。曲名しか知らなかったし、悔しかった。あの頃の彼らを知らないのは仕方のないことなんだけど、でもほんとは辛かったし悔しかった。初日の夜帰ってから濵田担の子から聞いた濵田くんの過去のことや、あの子達のJr.時代のことをいろいろ考えて、残りの2公演は落ち着いて見ることができた。ばどの2人のアメフリレインボウ。この2人の関係はきっともうわたしたちが言葉に表せないほどの関係で、安売りしたくないって淳太が言った言葉を思い出しながら聴いて泣きそうになった。

濵田くんのステゴ。いきなり1人になってきっとしんどかったんだろうなぁ、とか、もう色んなこと考えた。そんなこと思って聴いてたけど、ものすごい素敵な笑顔で思いっきり手を振って、生き生きと歌を歌ってた濵田くん。わたしの一番好きな笑顔で、わたしの一番好きな濵田くんだった。紫色に染まった会場で、キラキラ輝く幸せそうな濵田くんみたら涙が止まらなくて、もう、どうしようもなかった。

7WESTはキラキラしてあの頃の4人が蘇った、そんな気がした。わたしは知らないあの頃の4人だけど、かみしげがニコニコしながら歌ってたり、ツインがかっこよく踊ってたり…Jr.からのファンの人は嬉しかったんだろうなぁ。このJr.メドレーは悔しかった部分が多かったけど知らなかったあの頃の彼らがみれた気がしてわたしは嬉しかったし、振り返ってくれた彼らに感謝です。

このまま書いてたらうだうだしそうだから、総括して書かせてもらいます、挨拶とか分けて書きたいけどそこまで記憶も正しいか分からないから…まとめて書きます。

2日間3公演入らせていただいた、このライブは、本当に本当に、彼らの夢がいっぱい詰まった最高のクリスマスプレゼントだった。彼らが歩いてきた道のりを一緒に振り返って、進んで、楽しんで、泣いた。気持ち的にはとてもとてもしんどかったよ。ファンになって、そんな経ってないけど、すごいすごいしんどかったよ。

淳太が言った『逃げたくなる時もありました。でももう、逃げません』って真っ直ぐな目で言った1日目の挨拶。もうこの人の背中についていくしかないなと思った。そして、メンバーが口々に言ってくれた『遠くには行きません』っていう言葉。『街で会ったファンの子に言われました、遠くに行っちゃうんじゃないかって。そんなことないんです』『鼻高くしてたら怒ってやってください』と言った濵田くん。でも、彼らの目標は大きくなること、で。そこは変えない。けど、『軽い気持ちで会いにきて』『ずっとそばにいます』と言ってくれたメンバー。『しんどくなった子がいたら、その子の手を引っ張ってみんなでいくから。絶対置いていきません』って言ってくれた淳太。この子たちはファンの気持ちがとっくにわかってて、だからこそ、こういう言葉をたくさんくれたんだろうなって思った。

メンバー1人1人の目から言葉から伝わる想いっていうのがものすごくて、挨拶の時は泣いてばっかだったなぁって。でも淳太に『笑顔が一番可愛いんやろ?』『今日で泣くのは終わり!』って言われたから耐えます…(笑)無理だけどね。デビューするまでいろいろあった事を乗り越えて7人で横並びで立っている今に感謝だと心から思った。もうこの子たちには悲しいとか辛いとかっていう気持ちを持って涙を流して欲しくないし、流させない。泣くなら嬉しいとか楽しいとか幸せっていう気持ちで泣いてほしいし、笑顔でいてほしいから笑顔を守りたい。

正直、Jr.からのファンとWESTの絆には敵わないところがあるし、深くて深くて…って思った。けど、きっとこれからも大切なんだよね。わたしは知らない事ばかりだけど、今を大切にしていこうと思ったよ。

ハッピーで最高に楽しい初ライブだったけど、すごくしんどかった。もうね、重くなるしかないくらい、毎回重くなって帰ってきてた。でもね、でもね、わたしはファンになって本当に幸せだって心から思った。彼らの真っ直ぐで正直でガムシャラな姿がかっこよくてキラキラしていてもう最高だったし、何よりも、どんなに会場が大きくても、心の距離が近い。物理的な距離ではなくて、心の距離が近いんだよね。抱きしめてもらった感じがした。冗談無しで、心をぎゅってしてもらった。初ライブが1stドームライブという記念の日でわたしは良かった、本当に良かった。

彼らの流した涙や包み隠さず話してくれた話や言葉、想い。キラキラした笑顔、歌声、ダンスしている姿、7人で爆笑してるところ、ファンサをしている笑顔、ドームを全力疾走してる姿…過去を見つめた姿も、これからを見つめた姿も、ファンを包んだ言葉や見つめる瞳。たくさんの『ありがとう』の言葉。ファンの一体感、歓声、7色のペンライトの景色。もう全て全て彼らの夢ファンの想いが詰まった素敵なコンサートでした。これからの彼らの夢を一緒にみれることがすごく楽しみになったし、もう、離れない。ずっとその背中を追い続けていくよ。

.

.

.

All My Love 

今の僕が笑えるのは

あなたがいたから

しんどいことあっても

乗り越えて強くなれた

All My Love

支えてくれてありがとう

.

.

.

.

本当に本当に

最高のライブをありがとう

そしておめでとう

たくさんありがとう

.

 

 

 

 

愛しの愛しの愛しの濵田くんへ

まずはお誕生日おめでとうございます。ほんっっとにほんっっとにおめでとう。(1ヶ月以上前から書いてるけどおめでとうが心から溢れ出ております)(ちなみにBGMは何故かハリーポッター)

f:id:aoo3104:20161218020046j:image

27歳の濵田くんに出会えたことにとても感謝します。そして28歳を迎えたこの5日後に濵田くんに会えることにもとても感謝します。周りの皆様ありがとうございます本当に(´;ω;`)。

濵田くんに初めてお会いしたのは、ワクワクでした。それまでうえすとくんたちのことよく知らず、あの頃セカムズに出演していたのんちゃん、イケメンで有名、ようこそ我が家への流星、ごくせんのばどの2人。そして何だか有名な重岡くん。しか知らなかったわけです、ほんとにごめんね、かみちゃんはまちゃん。

濵田くんの印象なで肩麒麟の田村さんでした。ワクワク学校に参加させてもらい、濵田くんの一生懸命さとスベってもチャレンジして前に出る姿に毎回大爆笑。濵田くんからはまちゃんに変わったわたしの中の濵田くん(ややこしい)そこから音楽番組を拝見したりPV拝見したりして気になりだしたの濵田くんのこと。そして、パリピポ。これが大きかったね…一気に突き落とされた沼の中。

そして、この今日という素敵な日をファンとして濵田担として迎えられているわけです。

濵田くん、おめでとう。って何回も言いたくなるくらい、一度じゃ足りないくらいたくさんお祝いしたい。でもきっと周りの人から愛されている濵田くんだから、たくさんの人からお祝いされてるんだろうな、わたしも幸せだよ。

濵田くんを好きになって濵田くんの好きなところ濵田くんの良いところたくさん見つけたんだ。

f:id:aoo3104:20161218020529j:image

例えばその笑顔、これ一番大好きなんだ。クシャって笑う笑顔と、声にならない笑い声。とても大好きです。6人と馬鹿なことして笑ってる時が一番良い顔してるし、幸せそうだし、楽しそうだし、わたしはその顔を見るのがとても好き。周りの人を笑顔にさせる濵田くんスマイル。最高。

そして優しいところ。あなたのやさしさって、包み込むよね、人を。声から顔から全てやさしさに詰まってると思う。いじられても何されても平気なのはあなたの心が広いからだから、優しいからなんだよ。そして周りを見て気を遣うところ。それから自信なくてスベればしょんぼりしちゃうところも全部好きだよ。面白いんだからもっと自信持ちなさい!って思う時もあるけど(笑)

ダンス大嫌いなんすよって言ってる君のダンス、踊っている姿が好きだし、甘い歌声と落ち着いた低い声。だけどテンション上がるとうるさいし、何言ってるかわからないし、はしゃぐし、下ネタ好きだし、おばかさんだし、アレンジして照れちゃうところも、引き出し少ないところも、緊張しちゃうと何もできないところも、ファンの子にするファンサも、ギター弾いてるところも、ムキムキな肉体も、演技をする君も…ぜーーーーんぶだいすきだし、だいすき、じゃ表せない!

濵田くん好きになって毎日とっても楽しいし、毎日がキラキラして、いろいろとあなたから学ぶこともたくさんあるんだよね。いつもありがとうばっかりです。

デビューできるかわからない状態の時、『いつも通りでいてほしい。みんなと今まで通りに笑えるなら、デビューできなくてもいい』ってそう言った濵田くんはとても…なんというか強い人。そして誰よりも人を大切にしている人、仲間を大切にして、仲間が大好きな人だから。そうじゃなかったらきっと言えない言葉だと思う。だからね、いま、何気ない会話でも6人と笑い合う楽しそうな濵田くんみるとほんとに嬉しいんだよ。この7人でデビューできてほんとによかったね、って。

メンバーの6人にもとても感謝です。濵田くんを愛してくれて本当にありがとう。いつも温かい目で見守ってくれて、いじってくれて、本当にありがとう!6人と一緒にいる濵田くんが大好きです。6人がいてくれるから濵田くんが濵田くんでいられるんだなぁって。6人が6人で良かった、ジャニーズWESTがこの7人で良かった。

f:id:aoo3104:20161218020622j:image

わたしがこれからの濵田くんに願うことはただこれだけで、笑ってくれてればいいと、幸せならいいと。この2つ。もうほんとそれだけ。

すごい重たいけど、ほんとに、それだけ、毎日願ってる。

濵田くんに出会えてほんっっとにしあわせです。過去の濵田くんを知らないことがたくさんあるし、辿るのは難しい。それはしょうがないから、好きになった今を大切にするって決めました。この瞬間瞬間を大切にするって。とにかくね、濵田崇裕という人間がすきなんだ。ほんとに。ほんとに。

もう気持ち悪いくらい今日は語ったろうと思って指が止まらない止まらない。重くて痛くてうるさくてごめんね。でも今日くらいは許してね。

 

今日という日はトクベツな日!

濵田くんが生まれた日。

これからも濵田くんに愛が溢れて幸せな笑顔いっぱいな日々が過ごせますように。

濵田くんのママ、生んでくれてありがとう。濵田くんのパパ、ママ愛情たくさんで育ててくれてありがとう。

 

生まれてくれてありがとう。

 

27歳の濵田くんに感謝!そして28歳の濵田くん、よろしくお願いします。

 

これからも濵田くんの笑顔を見守るから!!嫌って言われても見守るから!!ずっとその背中ついて行くからね!覚悟しといてね!

 

今日はほんとにほんとにおめでとう!

ずっと、大切。

好きになってよかった。

これからもよろしくね。

 

2016.12.19

 

〜大友勝利に溺れて〜

映画 溺れるナイフ、やっとこさ今日、本日観に行くことができました。f:id:aoo3104:20161109232226j:image

公開から4日の今日観に行くことができました。とても嬉しいです。

溺れるナイフ】原作すら知らないわたしは何も知らないまま観ることになるんだけど、まずね、とてつもなくパワーがいる、そんな映画でした。気力がいる。人それぞれ感じ方あると思うんだけど、わたしはとても観るのにエネルギーがいる、そんな映画だなあって言うのが感想です。この映画をわたしの言葉で表現するのが難しくてなんとも言えないのが本音だけど思いの丈をぶちまけたくて書きますね。

コウちゃんの鋭さ、自由さっていうのがなんともいえずギラギラしていて力強くて菅田くんじゃなくてコウちゃん。ゾクゾクした。小松菜奈ちゃんはとても綺麗、外見もそうだけど表情とか美しかった。普通の女の子の顔とコウちゃんを見つめる目が違ってて切なくて愛に溢れて惹きつけられた。この全く生まれ育ったところがちがう二人が恋に堕ちていくわけなんだけど、言葉にならない。もどかしかったり、熱かったり、全力だったりで、言葉にするのが難しい。感情で表したい感じ(笑)

そしてその2人に交差する大友くん。はい、きました。大友くん。溺れないわけがなかった。大友くん。ほんっとに自然体で伸び伸び役を演じていたしげちゃんに笑顔が止まらなかった。

大友くん = 重岡大毅

まずね、夏芽のことを【望月】そして夏芽が【大友】っていうのがたまらん好きでした。苗字で呼び合うのがすき。ただそれだけ(笑)

そしてアドリブぽいセリフが何箇所かあったりしてニヤニヤが止まらなかったなぁ。それに小松菜奈ちゃんがほんとに笑っててそれもたまらなくて。夏芽をみる大友くんの目がいつも優しいんだよ〜〜。力強く見つめているんだけど、話を聞くときもする時も一回も目を離さないの。夏芽が俯いていてもずっと見つめる大友くんの目。それがとてもすきだったな。

そしてなんとも優しい大友くんの温かさにわたしはわけのわからない感情になり何度も泣きそうになり泣いてました。『友達でええよ』って言う大友くんの優しさだったりお弁当を一緒に食べる優しさ、内面から出る大友くんの優しさがあってもう泣くよね…

眉毛のいじり合いのシーン。はいココが、キスシーンなんだけどね…このシーンがもうすごいすき…。言わずもがなだね、もう。小松菜奈ちゃんが着替える時モゾモゾする大友くん可愛くてじたばたしそうだったのを必死に抑えた私、そして眉毛のいじり合いをする大友くんと夏芽。その時にチュッてキスするんだけどその後のクシャって2人が笑い合うところがたまらなく可愛くて……うう。

セリフ一個一個が優しさに溢れてるの。大友くんのセリフ一個一個に。ネイル見てる時も、夏芽が泣いてるときも、別れを切り出されるシーンも。彼は優しさの塊だったわけです。

コウちゃんと夏芽、そして大友くん。この3人が交差して、コウちゃんと夏芽は結構ぶつかり合うんだけど、コウちゃんと大友くんは気持ちがぶつかりあわないの、すごいよね…悶々としてたはずの大友くんなのに一度もコウちゃんとぶつからなくてこれは大友くんの優しさがこうしたのかなぁとかね。はぁ…心が痛い。

大友くんのこと思い出しただけで泣きそうなくらい重症です。

 

内容はとても難しかった。難しい。でもわかる。だけど言葉にするのがとても難しい。感情であらわす内容だった。心で見る感じかな…とても美しい映画でした。語弊力乏しくてすみません。大友くんに溺れました。

しげちゃんがこの作品に出会えて大友くんに出会えて本当に良かったと思う。わたしはもう、しあわせです。本当に出演者の方も、監督さんも関わった全ての方に感謝ですね(重い)

大友くんおつかれさま。

ブレイン担当、淳太くんの生誕日。

さてはて我らがブレイン担当の中間淳太くんのお誕生日!!!まずはおめでとう!!!!!

f:id:aoo3104:20161019180120j:image

 淳太くんはごくせんのイメージが強くて、最初はどんな人か掴みにくかったけど、今では可愛いビッグスマイルと大人の色気がある淳太くんにやられてます。

 

『じゃーすみん♡!じゃすみん〜!』っていう淳太くんが本当に可愛くて仕方ないし、ファンのことを可愛がってくれてる姿に愛しさしか感じないし、可愛いやないかって言ってくれる優しい淳太くんがわたしはとても好き。

そして、何よりいつも6人を1人でまとめてくれる淳太くんの存在が大きくてお母さんみたいで。いつもありがとう。6人が6人ともボケる時は1人でツッコミして、しげちゃんやのんちゃんがいじるのが好きだからいじられる時もあって、すごい大変そうだけど←ツッコミいれて。だけど、照史くんの稽古ネタの時は乗っかったり。すごく頭の回転の速い人だなぁってつくづく感じます。

 

コンサートの打ち合わせも手書きで全て書いて来たり、一階だけ盛り上がったらアカンって色々相談したり、アイデアがポンポン出てくるブレインお淳太くん。

周りを見て周りの言葉をちゃんと受け取って考えたり、大変そうな人がいたら支えてあげる優しい淳太くん。

ファンのことを可愛がってくれる淳太くん。

奥さんとか言ったり、メガネ姿がセクシーだったり女の子が好きだったり、大人の色気がムンムンの淳太くん。

運動がダメダメだけどダンスは卒なく踊っちゃうかっこいい淳太くん。

甘い歌声の淳太くん。

ボンボンだって自分で言っちゃうけど、家族のことを大切にしている淳太くん。

6人がバカなことをしている時に笑顔で見守ってニコニコしている淳太くんの笑顔、会場を見渡してニコニコしている淳太くんの笑顔がわたしは一番好きだなぁ。

まだきっとしらない淳太くんがいっぱいいるんだろうなぁ…

24色淳太くん、

どんな淳太くんも中間淳太

いつもWESTのこと、じゃすみんのこと、考えてくれて大切に思ってくれて本当にありがとう。

あんまり無理しないでね。ちゃんと寝るんだよ。身体だけは大切にね。

『絶対後悔はさせません』

この言葉を信じてあなたの背中を追っていくね。ずっとずっと、ついていくよ。

これからも、淳太くんが、6人といっぱい笑って、たくさんのハッピーに包まれますように。

お誕生日、おめでとう。

生まれてきてくれてありがとう。

 

2016.10.21