まだまだはまだ

ただただ溢れ出す思いをぶつけているだけの日記。

照史くん、お誕生日。

おめでとう!!

夜中に叫びました。ブログの中で。

 

こういう事を、私の文字で書いてしまい、憶測で書いてしまうと、違うこと書きそうで怖いけど、色々な方の文字を見て、DVDだけだけど、見て感じたこと。を話そうかと思います。

照史くんを知ったのは、大好きなドラマごくせんでした。あの頃はJr.なんだということは熟知してました。(一応ジャニオタやってたかな。)それ以降は、少クラ観れない我が家からしたら何も見なくて知らなくて。むしろWESTのデビューのときのカウントダウン見た記憶はあるけど記憶はゼロ。“ええじゃないか”発売していた頃はきっと音楽番組で流れていたのを聴いてたんだろうな…えええじゃないかのフレーズは知ってたもの。それくらい、新米です、すみません。

ここ数週間WESTのことを知りたくて色々調べて観て聴いて。ワクワク学校の頃のイメージ“親方”からガラッと変わりました。

照史くんが歌ってみれば、ファルセットは綺麗だしビブラートは心地良いし安定感のある音程。そのギャップにやられました。話してみれば、ボケには的確にツッコむ。そして、いじられ。話の流れをうまく進めていたり、大きな口と大きな声で笑っていたり。なんか愉快だな、楽しそうな人だなって。笑顔がとても可愛いし。

そして、スタッフJr.メンバーファン、一人一人への感謝を忘れない優しい人なんだなあって。すごく思いました。

そんな明るい照史くんだったからお友達から借りたアルバムのリリースイベントの映像を見て、グッてきちゃったんだ。いつもキャッキャしてるけど、本当は涙もろくて色々な気持ちを持ってた人なんだなって。デビューのこと、いまこうやってWEST7人でいられること。いろんな思いを抱えながら話して涙して。本当にメンバーが大好きなんだなって。そんな照史くんがものごっつだいすきになりました。そしてそんな照史くんがいるWESTも、ものごっつだいすきです。頼りながら照史くんらしく歩いて行ってね。照史くんの笑顔がこれからもたっくさんみたいから、応援していきます(たまには涙も見せていいよ)笑顔が溢れる、幸せ溢れる1年になりますように。

生まれてきてくれてありがとう。

こころからおめでとう。