まだまだはまだ

ただただ溢れ出す思いをぶつけているだけの日記。

なうぇすとを振り返って。

なうぇすとツアーが5月で終了しましたね

本当に本当にお疲れ様でした!!!!!!

と、ここでツアーを振り返ってみようと思います。

 

アルバム『なうぇすと』が発売された昨年から、1月からスタートしたツアー。昨年は行かなかった静岡や北海道もツアーで回ってくれてたくさんの公演数ライブをしてくれた7人。本当にありがとうございました。感謝感謝です。

 

わたしにとって初めてのツアー。そしてアリーナ規模のライブに入ることも初めてでした。横浜アリーナに入って席に座ったあの瞬間をきっとずっと忘れないと思う。すごく近くてびっくりしたあの瞬間。ほんとにアリーナってこんな狭いんだ…って腰を抜かしたな〜〜。

今回のツアーが始まるまで、アルバムが発売され、24コンが開催され、と怒涛の日々を送ってからのツアーだったなぁ。近未来のようなOP映像から始まり、7人のシルエットが映し出されたあの瞬間。パリマニのイントロと、神ちゃんの力強い声。あのOPでどれだけトリハダだったんだろう…何回聴いてもテンション上がるし、7人の目が、すごいんだよね。お前ら覚悟しとけよっていう、これから俺らの世界に連れて行くぞっていう、ギラギラした目と自信に満ち溢れたあの目にわたしは何度もやられた。

Unlimited。アルバムの一曲目の曲。最初の印象は、明るい曲だなぁ。って。空が抜けたところで歌ってそうだなぁって。センステに集まった7人、そしてしげちゃんのソロからスタートするこの曲。そして照史、淳太、のぞむ。流星さん神ちゃんのラップ、そしてはまだくんのソロパート…これからのこのコンサートを表しているかのように、7人を表しているかのようにキラキラしている曲調に乗せた歌詞がすごく素敵で。はまだくんのソロの歌詞をはまだくんに歌わせてくれてありがとうすぎて何とも言えない。『憧れてきた夢のステージに きっと辿り着けるさ』。この歌詞をキラキラの笑顔で歌うはまだくんは最高に大好きなはまだくんだった。毎回毎回みても、誇らしげにそして楽しそうにこのソロを歌うはまだくんは最高に輝いてたなぁ。

そして、盛り上がる曲まで持っていってからの挨拶。挨拶が終わり、King of chance。ここでこの曲をいれて、タキシードみたいな服装に身を包んだ彼らと、更に神ちゃんのトランペット。私事だけど、高校のときトランペット吹いてて、更に初心者で始めてたことを思い出して神ちゃんのことずーっと見つめていた。回数を重ねるごとに、ツアー重ねるごとに、どんどんどんどん上手くなる神ちゃん。最初は頑張って音を出そうとしていたのに、重ねるごとに音に余裕が生まれて、温かくて厚い音になっていく神ちゃんのトランペットの音色。数ヶ月前から練習を始めたとは思えないほど最初上手くて、すごいなぁって思いながら神ちゃんのこと応援してた。初日、あかんかった〜っていう神ちゃんに対して『楽屋でもずっと練習しとった』ってみんながケータリングしててもトイレ行っててもずっと音が鳴ってたって言っていたしげちゃん…神ちゃんが吹けなくて他の曲でテンション上げていたりした時もあったなぁ、きっときっと悔しかった事たくさんあったと思うけど、だんだん自信に満ち溢れていく神ちゃんの頑張りや努力がすごくかっこよくて、子を見る目で見守っていたなぁ。そして、この時のはまだくんや、メンバー。神ちゃんのことジーって見つめてたんだよね。神ちゃんが上手く吹けるとテンションハイになってるはまだくんが可愛くて可愛くて。自分のことのように喜んでる彼がすごく好きだったしそんなはまかみを見て泣きそうになったなぁ。そして心配そうに後ろから見つめるしげちゃんが映ったり。ほんとにほんとにトランペットの演奏お疲れ様!!すっごくかっこよかった。そしてこの曲が一段と好きになった。

そして、ゆあまい、チョーエクへと続くダンスナンバー。ジャニーズWESTが強みとする魅力とするダンスナンバーを、かっこよくそして妖艶に踊り抜ける7人はほんとにほんとにほんとにかっこいい!!!!いつもわちゃわちゃしていたりお祭りソングのような歌を歌ったりしてるし、関西だからうるさいって思われがちだけどそうじゃないんだよね。しげちゃんが24コンのインタビューで言っていた『ダンスパートは絶対に崩しちゃいけない』って言葉。だから彼らはマジでかっこいい。だから他でちょけて面白い彼らがいる。ジャニーズWESTのその魅力に堕ちる。堕ちた。またさらに堕ちました。 

ここで、アクセントダンスや、かぶり物をかぶりミニバイクに乗ったり…とわちゃわちゃしながらもかっこいいWESTを堪能しMCに続いていく。

それぞれのシャッフルユニットになるんだけど、可愛らしくチャーミングな無鉄砲ボーイ。マネキンにカメラをつけ私たちがマネキンになったかのような目線にさせてくれて彼らがチューやら抱きしめたりやら…素敵な発想ありがとうございました…照 。

そしてはまこたによる雪に願いを。アルバムを手にした時からこのふたりの切ない切ない歌声にやられていたんだけど、蓋を開けたら2人のギターの弾き語り。向かい合って歌うはまこたにうぅってなったのを今でも思い出す。何より感じたのは2人の空気。ギターが初めてで一生懸命に歌い弾くのぞむと、余裕があってのぞむのことを気にしながら弾き語るはまだくん。このふたりの空気の差がわたしの中で兄弟感をすごく表していて、すごくはまこたで、すごくキュンキュンした。ふたりの甘く切ない歌声とギターが最高にマッチしていたなぁ。

わたしが一番一番、心を射抜かれた、りゅかみのI got the FLOW 。これにやられました。いつもやられてるし2人のギャップなんて知っているのに、このふたりヤバイなって。もうほんとに語彙力皆無で申し訳ない。二人の世界観を存分に堪能することができたここでのユニットステージは最高だった。ギラギラして、かっこよくて、オラオラしていて。踊り方も歩き方もノリ方も。全てがいつもと違って見えて、りゅかみの世界は本当にYABAIZO。あのふたりにしか出せない空気を出していて、最高にかっこよくて、最高にギャップにやられたそんなユニットステージだった。

そして、Believer 、one chance。メドレーへと続き、最後の曲はKIZUNA。最後の最後でグッとくる曲をもってくるWESTはズルいな。応援ソングをもってきてくれるWEST。力強いはまだくんのフェイクで終わるこの曲は力強く明日からまた頑張ろうって思わせてくれて、グッときた。

そしてアンコールで歌ってくれた覚悟しろよsummer。最後の歌詞に『Forever 忘れない どこか寂しい気持ち いつかこの日を振り返ったなら 思い出すのさ がむしゃらな日々こそが宝 summer』。公演が終わるのは寂しいけど、忘れないよって。この日を思い出したら振り返ったら宝物だよって言われている気がしてすごくジーンってしたし、この歌がすごくマッチしすぎて広島公演はほんとに泣きそうになった。

振り返ると色々な公演があり、彼らももちろん色々な表情をしていた。MCでサンチェさんのこと話しすぎて腹抱えてたり、ステージの不具合が起こってみんなで目配せしていたり、スタッフさんとコンタクトを取る仕事人照史。アリトロの一部を破損するしげちゃんや、挨拶のクセが強かったりゅせさん、途中から壊れ出す神ちゃんのテンション。だんだん痩せて細くなるのぞむや、全力でダンスして疲れてるはまだくん、奥さん芸で照れる淳太…いろんな表情があって、すごく楽しかった。結成日を迎えた宮城公演もあったしすごく長いようであっという間のなうぇすとツアーでしたね。彼らの“今”がたくさん詰まった今回のツアー。すごく楽しませてもらって、ドキドキさせてもらって、そしつてやっぱりWESTのライブはほんっっっとに楽しい!!!!本当にお疲れ様でした。ありがとう!!WESTのファンを想う溢れる想い最高に大好きじゃ〜〜!!

そしてはまだくん。はまだくんを好きになってから、はまだくん〜〜ってなることが多くなった。ライブ中はまだくんだけしか見えなくなってずっと追うことが楽しくなって。その度色んなはまだくんを見ることができた気がする。アクロバット出してきたり、ダンスしてるかっこいいところ。全力で歌って走って全力で楽しむから疲れてたり、挨拶で意味不明なこと言ってたり。キラキラして最高に素敵な笑顔をみせていたり。その度色んな思いをした。情けないけど、はまだくんにイライラして楽しめなかった公演もあるし自分の気持ち次第なのに楽しめなかった自分にイライラしたあの時。ファンサをもらったあの時。嫌な気持ちだってしたし、もちろん幸せになった時もあった。でもやっぱり最後に思うのははまだくんが好きだなぁって。あ〜〜この人のことほんとに好きだって。変わらない気持ちでいられるんだよね。そして、自分の気持ちの変化も改めて考え直してみないといけないなぁって思って気づくことができた気がする。そんな、初ツアーにすることができました。いろーんな想い全てひっくるめてわたしの大事な大事な思い出だなぁ。本当にありがとうはまだくん。最高かっこよくて最高かわいかったよ!!!!

 

 9箇所31公演による 【2017 LIVEツアー なうぇすと】本当に本当に最高の宝物ありがとう!!!本当に本当にお疲れ様でした!!!

 

2017/05/21