書き殴り備忘録

好きなだけ好きなことを!

一万字を読んだお話。濵田担のひとりごと。

記念すべきジャニーズWESTデビュー四周年の2018年4月23日。

この日発売された、Myojoの一万字インタビュー、運命なのかなんなのか、自担の濵田崇裕くんのインタビューの回だった。

 

『デビュー日だ!めちゃめちゃうれしい!!!』

 

発売日がデビュー日だと、知らされた濵田くんの第一声(笑)きっとめちゃくちゃ笑顔だったんだろうな。

 

f:id:aoo3104:20180504024434j:image

 

デビューしてから2回目のターンで回ってきて、あの頃からもう4年も経ったのかぁと想いを馳せるけど、その頃は彼らの名も顔も知らない訳で、毎回思うのは人生何があるかわからないっていうこと。

 

そんな話はさておき、濵田くんの一万字インタビュー。読み始めて最初数分で目に水が溜まるという事件が発生。いや、読むまでも、ぶっちゃけ1ヶ月前から ソワソワソワソワ してたし、買っても気持ち入れて読むぞ!オッス!って思ってたしすごい気合いで、もはや滝行で身を清めてから見たほうがいいのでは?レベルの気合いの入れようだったんです(どんな)

 

 

よし!って気合い入れてページをめくって読み始めてゔっ……てなって、堪えて最後まで読んだ。

 

 

読んだ後に残った感情は

『濵田くんだいすき、ありがとう』

語彙力のない、ただこれだけ、これだけだけどこれに全部詰まってその感情だけで胸いっぱいになった。(いやめっちゃ重いな)

 

 

デビューから4年、長かった?短かった?の質問に対して長い・短いという感想よりも先に

『楽しかった。とにかくすっげー毎日が楽しかった!!』

って答えた濵田くんに少し笑うけど、わたしはその瞬間から、めちゃくちゃ涙腺やられてた。だってだいすきな濵田くんがとにかくすっげー毎日が楽しかったって言うんだからわたしはめちゃくちゃめちゃくちゃ幸せなんだもん

 

濵田くんがデビューから過ごしてきた今までが、きっとね『楽しいこと』ばかりではなかったんだと思う。だけど濵田くんはそれも含めてきっと『楽しかった』んだよね。

 

24コンのオーラスのAMLで泣いてしまった話を振られて

 

『やめていった人の顔、東京に行って、なんもできなくて"爪痕、残せんかった"って下を向いた日のこと。それこそ、あの2013年の大晦日のことも……。ただ最初につらかったことがダーッと出てきたんですけど、その時は涙が出なかったんです。そのあと、歌ってる時にうれしかったこと、楽しかったことが出てきて…Jr.時代の松竹座でのステージ、楽屋裏のできごと…照史の顔を見たら"濵ちゃんが必要や!"って言ってくれた時の表情みたいで、しげが"これで勢ぞろいやな!"って言ったことも全部思い出して。

 

わたしはこの濵田くんの言葉を聞いて、胸がいっぱいになって『あ〜〜(笑)なんでここでこんな泣いてんの〜〜自分(笑)』ってなるくらいギュってなってしまった。

 

だって濵田くんがあの日あの時あの瞬間、色んなことを思い出していた時、辛いことや悔しかったことを思い出したから、涙を流したんじゃなくって、楽しいことや嬉しかったこと、みんなとの思い出を思い出して涙流したんだって気づけたから。

 

何想って泣いたって濵田くんの自由だしわたしが感情に浸ることでもないんだけど、それでも、幸せだったことを思い出して泣いてしまった濵田くんに対してホッとしたというか、なんというか。

 

さっきも楽しかったって言葉が出てきたり、幸せだった思い出で涙を流したり…それってそれだけ濵田くんが過ごしていく毎日の中で負の感情よりも幸せな感情が上回ってたことを表すから、もしかしたら無理して言ってるのかもしれないし、本当のところはわからないけどね、それでも、口にして言ってくれたことがわたしはとっても嬉しくて、なんかすごく幸せになった。

 

濵田くんがこれから進む道が楽しいことばかりで溢れるといいなって、漠然とそう思った。(毎日思ってるけど(笑))

 

 

そんな濵田くんが語るだいすきな

メンバーのこと。

 

前回濵田くんは、こう話してくれたなって忘れたくなくてメモしたんだけどね。

 

『僕なんでこの世界に居続けてんだろうって考えたんです。最初は、自分から望んで入った世界でもないのに。
でも、この世界で、僕が何か手にしたものがあるなら、それはまちがいなく仲間なんです。
なんでこの世界に居続けたか…。それは、このメンバーが好きで、そんな仲間といっしょに、ファンの人たちの前に立つことが楽しかったから

 

濵田くんが常に大事にしている仲間のこと、そしてメンバーのことを話してるところが、とっても好き。きっとにこにこしながらもどこか真剣に話してるんだろうな。言葉1つ1つに愛がある、そしてよくその人のことを見ているってわたしは読むたびに感じた。その度に濵田くんが言っていた『誰よりもメンバーのことがすきです』って言葉を思い出すなぁ。

 

のんちゃん

『デビューして1年くらいかな。"あれ⁉︎なんでこいつ、となりにいんのや?"って思ったんですよ。望も同じこと思った瞬間があったらしいです。だから、どこで仲良くなったんか、わかってなくて。』

『弟であり、兄であり、犬であり……。』

 

流星さん

『ふたりで話すとバカやけど、思ってることはいっしょなんやとか、ここをめざして必死なんやってのがわかる。』

 

神ちゃん

『努力の天才ですからね。』

『好きなことを徹底的にやる人です。形になるかならないか、できるかできないかじゃない。興味があるものは、まずやってみる。好きなことを極める達人ですよね。』

 

しげちゃん

『グループ1の大バカ野郎(笑)』

『こんなセンターいない。変態の天才。』

『すごいやさしくもあって、情に厚くてめちゃくちゃ人間味がある人。』

 

照史くん

『誰よりも安心するパートナー、絶対の信頼があります。頭の回転がめっちゃ速い。一歩じゃなくて、二歩先を行っている感じ。』

『本来の照史は繊細やから傷つきやすい。ガラスの心やからね。そんな照史が、7人でいるとき、すごく楽しそうで安心するというか。』

 

淳太くん

『ほんまにくだらないことを言っている時が最高に楽しい人。』

『淳太となら今でも黙っていっしょにいる時間でも苦痛じゃない。』

 

って、抜粋してみたけどめちゃくちゃ愛に溢れてるのね。濵田くんが前の一万字の時も仲間やメンバーのことを語っている言葉に愛情しか感じない。一歩後ろから見ているメンバーのことを、丁寧に話してくれる濵田くんがわたしのだいすきな濵田くんで、めちゃくちゃ幸せになった。

 

 

甘えたり甘えられたり、相談したりされたり、心配したり笑って送り出したり、仕事のことを喜んだり、刺激しあったり、抱きつかれたりいじられたり…家族だったりライバルだったり友達だったりするジャニーズWESTという中で濵田くんがこれからもだいすきな6人とずっと笑って過ごせますようにってただただ願う。

 

 

 

やっぱり読んでいて、わたしは濵田くんな発する言葉がめちゃくちゃ好きだなって思った。丁寧に一つ一つ話してくれる。

忘れちゃってることもあるけど(笑)でもそれでも、伝えてくれることに愛情が感じられてわたしはいつも幸せだ。

 

 

濵田くん。

 

これからどんな夢をみようか。

これからどんな道を進もうか。

 

 

濵田くんが魅せてくれるダンス、見せてくれる景色、聴かせてくれる歌声、温かい笑顔、そして7人で叶えていく夢。

 

わたしはその背中を、追いかけることができる限り、追いかけていくからね。

 

 

ライブ終わりにいつも幸せを願ってくれる濵田くんにわたしも幸せを願ってる。

 

 

 

濵田くんに、そしてジャニーズWESTに、いいことばかりが訪れますように〜〜!!!!!!

 

 

f:id:aoo3104:20180504031445j:image